So-net無料ブログ作成
検索選択
前の20件 | -

匂いばんまつり

Nioi-banM.gif 今年も香りのニオイバンマツリが咲いてくれました。
我が家にある唯一の植物。
朝、雨戸を開ける前からいい香りがして来て何とも爽快な朝になりました。
Kisyoubu2.gif








 




 


 よい天気にさそわれ自転車で称名寺隣接の広い野原に行ってみました。ボウボウだった野草がきれいに刈られて心地いい空地になっていました。

黄菖蒲その後

Kisyoubu.gif 前回の称名寺黄菖蒲ですが、その10日後の風景です。
阿字ヶ池の朱色の反り橋に映える一面の黄菖蒲に絵を描く人、写真を撮る人、見とれる人ひと、、。

称名寺の黄菖蒲

Syoumyouji2.gif 今年も称名寺の黄菖蒲が咲き始めた。一面のこの群生に「 ワア〜! 綺麗 」という反面、この外来種(明治時代に入ってきて帰化、原産は西アジアからヨーロッパとか)に在来の白や紫の菖蒲が姿を消し嘆く声もあるらしい。Syoumyouji1.gif

 暮れからお正月に続いての夜間ライトアップのサーヴィスも大型連休最終日の今日5/6終了だそうです。 

2017年横浜港祭り

 大型連休前半の5月3日午前10寺いよいよパレードが山下公園をスタート!
恒例の横浜港まつりは今年も行楽日和に恵まれ、みるみる見物の人波が膨らんでくる。
Minato2.gif
Minato1.gif
パレード先頭の露払いには県警白バイ女性隊員、「カッコイイ〜!」の声がまわりから聞こえる。親善大使には函館新潟から紅、白それぞれのオープンカーが通る。
「 待ってました! 県警カラーガード隊 」がさっそうと登場と思ったら、やっと確保した立ち位置に割り込んで来る人がいて途端に窮屈になった。が、パレード終了までの2時間半がんばってその場所を動かず我ながら祭りずきに感心?1
JR関内駅へ往復の「日本大通り」には同時開催の「全国都市緑化横浜フェアー」の花々が咲き誇り、そちらも楽しんだ。

さくら

Sakura1.gifSakura3.gifSakura2.gif 「郡山市笹原川」の見事な枝垂れ桜、これまた友人から送られた画像で東北はお花見の真っ盛りか。


かたや右の写真は4月12日横浜市金沢区「君が崎稲荷神社境内」の満開の桜。
国道16号に面しているにもかかわらず普段はひっそりとしていて神社があるのさえ気付かず通り過ぎてしまうような場所だが、サクラのこの時季と夏祭りのときはここに神社があったんだとにわか氏子になり手をあわせるところ。






←の写真は同じ神社の4月19日のもの。すっかり葉桜になりまた元の森閑とした?ところに戻った。

東北の春

mizubasyo1.gif
mizubasyo2.gif 郡山の可憐な水芭蕉、なんと綺麗なこと!
友人から送られて来て、まだホカホカの湯気が出ているような画像に感謝です。

落し物?

kuraki1.gif 横浜市港南区と磯子区にまたがる久良岐公園でのこと、園内の小川で一生懸命なにかを探っている夫人に聞いてみたら「クレソンとせりを摘んでいるんです」との答えが返ってきた。kuraki3.gif 







 桜は4,5分咲きだろうか、春うららの昼まえ、お花見宴会準備がそこかしこで進んでいた。
とても静かでいいところ。kuraki2.gif 






 園内は広くて棚田や池、山の一画には能舞台との看板があり、それではイザ能舞台へと息を切らせて長い階段を登り切ったらそれらしい広場になっていた。
この日は梅林の方からトランペットの音が聞こえ、吹奏楽の練習か音の主はふたりの女子高生のよう、、。
以前来た時にはたしかバグパイプの音が聞こえたっけ。

春休み

Enosuiz.gif
 相模湾を背に新江ノ島水族館のイルカショーを楽しんできました。
我が家恒例の孫と行く春休み行事のひとつ、右下の写真は「おさかな教室」の模様を上からパチリ、ぎっしりの来館者が子供も大人も目の前の大きな水槽の中をゆったりと泳ぐいろいろの魚を観察しながら飼育員さんの話しに熱心なひととき。Enosui.gif 

春、み〜つけた

Sakura.gif うぐいすの初鳴きを聞いてからもうなん日経っただろうか、、今年も桜の開花宣言がニュースを賑わす時期になりました。
当地横浜の一昨年の開花宣言は3月23日、昨年は3月26日だそうだ。そんな中、横浜市金沢区の「柴シーサイドファーム」でこんなかわいい桜を見つけました。

ジャガイモの植え付け

Saitama1.gif 「ジャガイモの植え付けを手伝いに来ないか?」と深谷の兄弟から声が掛かり面白がって埼玉まで日帰り出張?して貴重な体験になった。 
畑では先生?の教え通りの作業を見よう見まねでやってみたが、見ると実際やるのとは大違い。
口には出さねど、脚腰のキツさにすぐ根を上げてしまい農産物の有り難さが身にしみた。
そばでは家内が葉ものの収穫手伝い。
おかげで当分我が家の野菜は買わずに済むくらいもらって感謝感謝!
帰りには「自分で植えた分のジャガイモを収穫に来るように」と言われ再チャレンジを約した。
Saitama.gif

六年目の3.11

Bousai.gif 日本中が鎮魂の1日になるこの日、逗子での催しに参加した。午後からは施設内で市長の挨拶や震災時間14時46分に黙とう、そのあと「サンマとカタール」という映画が上映され、宮城県女川の復興の模様が伝えられていた。
我々のグループは昨年同様、女川の物販をした。人出は昨年と同じようだったが販売数は多く、またいろんな人との出会いがあった。小さいが息長く活動したいとの思いを新たに。

二階席

Con.gif 年末に続き同コンサートチケットを都合してもらい聞くことが出来た。
場所は「横浜みなとみらいホール」で席は当日並んでチケットと指定席券の交換なのでどの辺りになるかは未定、今回は初めての二階席後方でパイプオルガンの威容が目の前だった。
いつもとは違う演奏者の後ろ姿を見てウラガワ(裏)の音?を聞き、そして唯一、これもいつもは演奏中後ろ姿の指揮者が今日は表情豊かに正面から見られ、エキサイティングだった。交響詩的な内容の曲が多かったので楽団後列のパーカッション(ティンパニー、大太鼓、小太鼓、シンバル、トライアングル、鉄琴、e.t.c)担当が5人で忙しく動き、その働きがとても印象深かった。

なんだ坂こんな坂

kyusaka.gif 自転車で団地を突っ切り最短距離で目的地へ、と張り切って急坂を上って用足しに向かったが悲しいかな、息切れがつらくてあえなくダウン。
たしか去年はのぼれたのに、と思いつつ自転車を押して上る結果になった。この現実を受け入れるのを潔しとしたくなくて「再挑戦するぞ」と帰路こころに誓った。
まあ、再挑戦することが多いけど、、。

海産物フェスタ

gyokou.gif  金沢漁港の「生わかめつかみ取り」をしたくて出かけてみた。開場前すでに大行列でチケットを手に入れるのに一苦労、よくもこんなに人が集まるもんだ(自分を含めて、、)と感心することしきり。折から入港の船が「海上保安庁」「県警察」の二隻にビックリ! 人が寄るところのテロ対策か、、。目的の「生わかめつかみ取り」はコツがいるみたいで初心者には難しく、となりの人から「あんた欲がないねえー、そりゃ少ないよ」と同じビニール袋に倍近くふくらんだのを見せつけられガックリ。トホホ、、来年は頑張るぞ!
しかし夕飯のわかめ、旨かった!

八景島シーパラへ

seapara3.gif
seapara.gif
 冬の海の色、この濃紺の海が綺麗で風の冷たい日でしたが足を伸ばして週中の静かな八景島シーパラダイスを歩いてきました。
 水仙の咲くイベント公園の奥のジェットコースターは少人数ながらゴーゴーと勇ましい音を立てて運行、チケット売り場には残念にも高齢者は乗車不可となっていました。

こんなにたくさんの人

tunami1.giftunami3.gif 宮城県女川町で催されている「震災復興福男福女ラン」にならい逗子の我々のグループ「ボラバスターズ」が逗子市久木の法性寺さんのご協力のもと昨年に続き第二回目の「復幸男女ラン」を3.11ひと月前の2月11日に行い(去年当ブログに掲載)、こんなたくさんな人に集まっていただきました。
 tunami2.gif走るコースはこのお寺の山門から本堂に向かって急な上り坂で距離は200m弱、タイムは成年男子32秒、昨年二位の人が優勝,タイムは昨年の優勝者と同タイムでした。


この袋 ↑ には参加賞としてチョコがちょこっと入っています。

その曲は愛の挨拶

Memo.gif 朝のラジオ体操がなんとか続いているが、第一体操と第二体操の間に首をまわす運動があり、そのピアノ伴奏の曲が時たま変わった曲が使われ楽しい。(担当ピアニストは3人、この時は加藤由美子さん)例えば「冬の星座」や「思い出」があったりElgar.gifその曲がすぐ分かればなんと云うこともないがこの朝の伴奏曲は「???」。
それから3日間自己流のいい加減な楽譜メモでそのメロディを口ずさみながら思いつくあの曲、この曲とネット上を聞き歩きお手上げ状態に。その間スマホの「鼻歌で録音すればその曲を探してくれる」アプリも試したが「該当の曲はありません」とつれない答え、それではと「優しいメロディ」の文言で検索したところ大当たり! 
答えはエルガー作曲「愛の挨拶」、やっと巡り合えた。
偶然すれ違った人の顔が思い出せなくて、、とよく似た思い。
それにしても気ままに探せるたっぷりの時間とネット環境に有り難さが身にしみた。

東慶寺の梅

Toukeiji.gif 北鎌倉東慶寺の梅を見に行った、と友人から写真が届いた。
梅の香がただよってくるようで、、、、感謝!
寒い中にも「 春はすぐそこまで 」。Setubun.gif
  「 豆とりて我も心の鬼打たん 」 (野坡)

京急さん、ありがとう。

sinnen.gif   古巣の新年会に今年も出席、恒例のビンゴ大会は散々な結果だったが、この時だけ会える懐かしい顔ぶれとの談笑ともう一つ嬉しいことがあった。というのは、行きにパスモカードを紛失してガックリ! 
本年のドジ初め、と凹んだが、帰りに最寄り駅へダメもとと聞きに寄ったらなんと、届いていました!
我ながらゲンキンなものでとたんに気分は爽快。どんな人が届けてくれたのか聞いてみたら駅職員の方とか、、感謝して気をつけますと駅員さんに誓ってしまったお粗末ないっせきです。

病院の待合室

herpes.gif 二度目の帯状疱疹になった!    
診療の順番を待っている時、前の男性から衝撃ともいうべき話しを聞いた。
その人は痩せ型の顔には長寿ぼくろが見える健康そうな雰囲気、私が隣へ腰掛ける時の会釈がきっかけか、問わず話し始めた。
いわく、
*大正おわり生まれの92歳 *20歳で特攻出撃 *通例で出撃の前夜8時に命令が出される *聞いて頭やすべてがカーっとなり飲めない酒や注射!と身振り手振りで両足の大腿部にブスっと注射を刺すジェスチャー *気違い沙汰ですよ、なんで選んだのか未だにわからない *家内にも息子にも話したことがない *乗るハヤブサは非力で爆弾を積むとスピードが出なくて大抵は目的地前に撃墜される *出撃後呼び戻され、仲間112名のうち生き残ったのは11名 *戦後共産主義にはしった人もいたが私はしなかった *気違い沙汰ですよ、となんどもつぶやいて。
身内にも話していない重い重〜い内容に「貴重なお話しをありがとうございました」とお礼を言うのが精いっぱい。その人の苗字が焼き付いている、その夜なかなか寝付かれなかった。
行きずりの人間に、、よかったのかなあー。
むしろ知らない者でよかったのか。伝えて行かなけばと書かずにいられなかった。
前の20件 | -